読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.21 jigowatts

Great Scott!

【CentOS 7】 SlackのメッセージをOpen JTalkでHubotにしゃべらせる

Linux

概要

www.moyashi-koubou.com

この記事を読んで前回CentOSにOpen JTalkをインストールしてみました。今回はSlackと連携させて書き込んだメッセージをHubotからOpen JTalkを使ってしゃべらせるとこまでやってみます。
といってもすべて参考サイトに書いてある(ソースコードまで!)通りにやるだけでできました!

Hubot

Hubotを作るのは以下のサイトがわかりやすかったです。
SlackのBot(hubot)を作ってみる - Qiita

Node.jsは久し振りだったのでまずはバージョンアップを。

# Node.jsのアップデート
$ nodebrew install-binary stable
$ nodebrew use v7.2.1

# npmのアップデート
$ npm install -g npm

$ node -v
v7.2.1
$ npm -v
4.0.5

Hubotを作成していきます。

# hubot coffeescript yo generator-hubotの4つをインストール
$ npm install -g hubot coffee-script yo generator-hubot

# インストールパッケージ一覧
$ npm list -g --depth 0
/home/sh/.nodebrew/node/v7.2.1/lib
├── coffee-script@1.12.2
├── generator-hubot@0.4.0
├── hubot@2.19.0
├── npm@4.0.5
└── yo@1.8.5

ジェネレータでHubotを作成。
いろいろ聞かれるけどいい感じに答えておけばいいらしいので適当に。

$ yo hubot


次にSlackにHubotを追加するために、[歯車]からジャンプ。

f:id:sh_yoshida:20161228004645p:plain

[Categories]から[Bots]へ。

f:id:sh_yoshida:20161228004703p:plain

[Hubot]を選択。

f:id:sh_yoshida:20161228004721p:plain

[Install]ボタンを押してみる。

f:id:sh_yoshida:20161228004826p:plain

名前を入力して[Add Hubot Integration]ターンッ!名前は「ろごん」になりました。

f:id:sh_yoshida:20161228004845p:plain

Hubot-Slackトークンを環境変数に設定。
.bash_profileにでも書いておけばいいでしょう。

export HUBOT_SLACK_TOKEN=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

スクリプトは以下二つを参考に使わせていただきました。ありがとうございますありがとうございます。
https://github.com/koike-moyashi/kaitei_raspi/tree/master/jtalk
https://github.com/koike-moyashi/kaitei_raspi/tree/master/slack_bot

あ、そういえばチャンネルの取得で躓きました。
チャンネル名が返ってくると思っていたのですが、9桁の英数字(大文字)ぽい?

child_process = require('child_process')

module.exports = (robot) ->
  robot.hear /(.*)$/i,(msg) ->
    text = msg.message.text
    room = msg.envelope.room

    # どれも同じらしい。いったん表示させてroom値を取得する
    #msg.send(msg.message.room)
    #msg.send(msg.envelope.room)
    #msg.send(msg.envelope.user.room)

    # room値
    val = "XXXXXXXXX"
    if (room == val)
      child_process.exec "sh /usr/local/bin/speaker '#{text}'",(error,stdout,stderr) ->
        msg.send(stdout)


あとはforeverをインストールして起動。

$ forever start -l /var/log/nodejs/rogon.log -a -c coffee ./node_modules/.bin/hubot -a slack

それから動かしてみて気づいたこととして、生成される.wavを再生すると音が小さい!
ので、音量を上げてみました。

# ...

# 音声データ生成
echo "$1" | open_jtalk \
-x ${DIC} \
-m ${VOICE} \
-ow ${TMPFILE} \
-g 15 && \ # -gで音量の指定ができる

# ...

デキタヨ!

f:id:sh_yoshida:20161228011618p:plain

sh-yoshida.hatenablog.com