1.21 jigowatts

Great Scott!

【PowerShell】ファイルのエンコードを変換して別ファイルに出力する

tips

たとえばカレントのSQLファイルがUTF-8エンコードされていたので、まとめてShift-JISに変換するとか。

> ls -Filter *.sql | ForEach-Object { $file = $_; Get-Content -Path $file -Encoding UTF8 | Out-File "rep_$file" -Encoding Default}

Jenkins で OutOfMemoryError : Java heap space

概要

ある日ジョブがコケてコンソールのログを見たらこのエラーが出てました。Jenkins使ってるとよくあることなのでしょうか。ヒープメモリが足りないのでjenkis.xmlの設定値を変更します。

環境
  • Windos 10
  • Jenkins 2.46.3

jenkins.xml

デフォルトでインストールしてるとJENKINS_HOME直下にあるっぽいです。私はCドライブにインストールしたのでC:\Jenkinsにありました。

f:id:sh_yoshida:20170622235830p:plain

-Xmxには256m(メガバイト)と指定されています。この値を変更して最大のヒープサイズを増やしてみましょう。

  <arguments>-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar "%BASE%\jenkins.war" --httpPort=8080 --webroot="%BASE%\war"</arguments>

環境によりますが、ひとまず1024mくらいを設定してみたところOutOfMemoryErrorは出なくなったので様子を見てみることに。3週間程度経過してますが、今のところ元気に動いています。

参考

Builds failing with OutOfMemoryErrors - Jenkins - Jenkins Wiki

[改訂第3版]Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)

[改訂第3版]Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)

Jenkins × Slack 実行結果を通知して

概要

Jenkinsでジョブの実行結果をログインして調べるのって面倒ですよね。今回は僕も私もやってみたい「Jenkins × Slack」です。紳士にSlackへ実行結果を通知してもらいましょう。

f:id:sh_yoshida:20170611112658p:plain

環境
  • Windos 10
  • Jenkins 2.46.3
  • Slack
  • Slack Notification Plugin 2.2

Slackを設定する

Slackのメニューから[Apps & Integrations]を選択します。

f:id:sh_yoshida:20170611112232p:plain

「jenkins ci」を検索。

f:id:sh_yoshida:20170611112245p:plain

[Install]を選択。

f:id:sh_yoshida:20170611112341p:plain

既存のチャンネルを選択するか、[create a new channel]から新しいチャンネルを作成します。

f:id:sh_yoshida:20170611112353p:plain

今回は新しく#jenkinsチャンネルを作成しました。

f:id:sh_yoshida:20170611112406p:plain

先ほどの画面に戻り#jenkinsを選択して、[Add Jenkins CI integration]を押下。

f:id:sh_yoshida:20170611112421p:plain

設定情報の[Token]はJenkinsの設定で使うのでコピーしておきましょう。

f:id:sh_yoshida:20170611112435p:plain

Jenkinsを設定する

プラグインのインストー

[Jenkinsの管理]-[プラグインの管理]より利用可能タブで「Slack Notification Plugin」をインストールします。

f:id:sh_yoshida:20170611112447p:plain

プラグインの設定

[Jenkinsの管理]-[システムの管理]より[Global Slack Notifier Settings]で設定していきます。

f:id:sh_yoshida:20170611112500p:plain

[Team Subdomain]は以下の例での「example」の部分を入力。

https://example.slack.com/, your subdomain is 'example'.

[Integration Token]はSlack側で生成されたTokenを入力して、[Integration Token Credential ID]を[なし]にすれば接続できると思います。ただ、警告にあるようにセキュリティリスクがあるようなので、[Integration Token Credential ID]を使ってみます。

f:id:sh_yoshida:20170611121620p:plain

[Integration Token Credential ID]の追加を押下し、Jenkins Credentials Prviderで[種類]を[Secret text]に変更し、[Secret]にSlackのTokenを入力します。IDは適当な名前を入力し、[追加]を押下。

f:id:sh_yoshida:20170611112522p:plain

[Integration Token]を空にして、[Integration Token Credential ID]は先ほど追加したIDを選択します。[Test Connection]を押下してSuccessと表示されれば、Slack側に通知がでます。

f:id:sh_yoshida:20170611112512p:plain

テスト接続の通知はこんな感じ。

f:id:sh_yoshida:20170611112623p:plain

ジョブの設定

通知させたいジョブの[設定]より、[ビルド後の処理の追加]で[Slack Notifications]を追加します。通知させたい内容にチェックを入れて保存しましょう。

f:id:sh_yoshida:20170611112531p:plain

[高度な設定]では、テストのサマリーやジョブ毎の設定にオーバーライドができるようです。

f:id:sh_yoshida:20170611112546p:plain

実行結果

それではビルド実行してみましょう。

f:id:sh_yoshida:20170611112646p:plain

対象のチャンネルにJenkinsからの通知が来ました!

f:id:sh_yoshida:20170611112658p:plain

設定が簡単なのがわかったので、実際のプロジェクトでも連携させてみたくなりますね。
あー、職場にSlack導入されないかなぁ。

[改訂第3版]Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)

[改訂第3版]Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)