1.21 jigowatts

Great Scott!

2021

New Year

San Francisco from Treasure Island

昨年から取り組んでいたプロジェクトは開発期間1年をかけてリリースされました!毎月アップデートというリリースサイクルなので基本在宅勤務ですが、月に数日はリリースのため出社してます。

最近の悩みは「ビジネスロジックの書き方がわからない」です。現場のコードはトランザクションスクリプトパターンです。これはこれでメリットはあると思いますが、サービス(ビジネスロジッククラス)が肥大化してしまい、より良いトランザクションスクリプトの書き方を求めています。

今年の目標はAWSとDockerをしっかり学びたいですね。

Developers Summit 2020に行ってきた

二日間仕事を抜けてDevelopers Summit2020に行ってきました。去年も行ったので二回目となります。

event.shoeisha.jp

f:id:sh_yoshida:20190215091108j:plain
雅叙園

f:id:sh_yoshida:20200213125305j:plain
devsumi2020

資料

聴いてきたセッションで資料見つけたやつを残しておきます😋

ITがモビリティを創る:MaaSに向けた技術とエンジニア像

www.slideshare.net

CircleCIの3000 万件のワークフローから得られたDevOpsに関する知見

speakerdeck.com

クラウドサービスとゲーミフィケーション:「TwilioQuest 3」を用いた開発者オンボーディング

www.slideshare.net

チームをつくるモブプログラミング ~内側と外側から語る~

speakerdeck.com

プロダクトを10年運用するチームをつくる

speakerdeck.com

キャリアトランスフォーメーションをみんなで考えよう~開発者から事業責任者、役員へのキャリアパスはどうよ~

www.slideshare.net

所感

個人的に「ITがモビリティを創る:MaaSに向けた技術とエンジニア像」が一番印象に残りました。様々なオープンデータが提供されているので、東京オリンピックに向けてアプリを作ってみようかな⤴️

書籍販売ブースでは「チームジャーニー」と「ドメイン駆動設計入門」を手に入れました!どちらも早く読みたいので2冊同時に読み進めようかな。

チーム・ジャーニー 逆境を越える、変化に強いチームをつくりあげるまで

チーム・ジャーニー 逆境を越える、変化に強いチームをつくりあげるまで

  • 作者:市谷 聡啓
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2020/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる! ドメイン駆動設計の基本

ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる! ドメイン駆動設計の基本

  • 作者:成瀬 允宣
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2020/02/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

2020

New Year

Quiet route 66

一年ブログを放置している間で4つのプロジェクトに携わりましたが、全て炎上案件でした。現在進行中のプロジェクトも熱く燃えており、二ヶ月後には爆発四散していることでしょう。

🔥2019炎上プロジェクト足跡🔥

  • 大規模開発プロジェクト。設計を担当。詳細設計フェーズのはずが要件定義、基本設計の日々。諸事情によりプロジェクトは凍結、チームは解散。
  • 大規模開発プロジェクト。テストリーダーを担当。結合テストフェーズのはずがバグだらけでテストできず。ヘルプだったので3ヶ月限定だったが、土日は寝ないと持たない程度に疲弊。
  • 小規模運用開発プロジェクト。開発要員で参画するもPMO、要件定義担当。実態はチームリード(雑用全て)も兼ねる。人間関係が崩壊しており、既存ベンダーより引継ぎなしでスイッチ。メンタルやられそうになったが、`なぞのちから`により脱出。
  • 中規模開発プロジェクト。設計を担当。基本設計フェーズだが要件は固まっていない。有識者が少ないため課題解決のボトルネック。詳細設計、開発フェーズはスケジュールがめちゃ短い。

2020年は月一更新を目標にゆるゆると再開します🚜